医療費助成は助かりますが見直しも必要

Navigation

子供の医療費助成について。

医療費助成は助かりますが見直しも必要 子供の医療費助成制度があることをご存知でしょうか?今はインターネットがあるので情報を共有しやすいので、申請し忘れる方はそうそういないかもしれませんが、たいていの場合は市役所等への申請が必要です。出生届を出す=助成制度へ登録になると一番楽でいいんですがね。そうはいかないようで、出生届を出した際に、別の窓口にも申請に行くよう案内されるようになっているところが多いです。

とはいえ、この子供医療費助成制度。市町村により内容にばらつきがあります。例えば、私の住んでいる市では小学生までは病院に一回かかる毎に最高で一律500円の支払いで済みます。同一病院では月最大1500円と決まっています。0歳〜2歳までは所得制限なし。3歳以降は所得制限ありです。ちなみに我が家は・・・ギリギリ所得制限にひっかかってしまい、子供の医療費は実費です。今年幼稚園に入園したばかりの娘は病気をもらいまくり・・・月の医療費が1万円を超える月もあります。確定申告で医療費控除の申請をすれば多少税金に考慮されるとはいえ、正直キツイです。

他の市町村では、子供の医療費がタダだったり、助成期間が中学生までだったり、所得制限がなかったり・・・本当にバラバラなんですよ。不公平感があるのは否めませんが、市町村毎に収支が違うのですから仕方がないのでしょう。ですから、子供連れで引っ越す際には、ご主人の通勤や子供の通学以外にも、医療費助成を含めた子育て支援環境のチェックも忘れずにしましょう。隣の市にしとけば無料だったのにーなんて後から知ったら悲しすぎますから。我が家も転勤の際には、今度こそ医療費助成の恩恵にあやかりたいと思います。

Copyright (C)2018医療費助成は助かりますが見直しも必要.All rights reserved.