医療費助成は助かりますが見直しも必要

Navigation

自分の自治体の医療費助成について調べよう

医療費助成は助かりますが見直しも必要 医療費助成とは、病院で診察や治療を受けた際に医療費の自己負担分の一部または全額を自治体がサポートしてくれる制度です。サポートしてくれる内容は各自治体によって異なります。最近の傾向だと中学を卒業するまでの子供に対してのものが多いといえます。中学卒業までの医療費を負担してくれるとは子供を持つ親としてありがたい制度といえるでしょう。自分達が住んでいる自治体の制度を是非確認してください。

実際調べてみると助成期間や負担額が自治体によってかなり異なってくると思います。3歳までや小学校入学前、中学卒業までなどかなり幅があります。また、通院の場合と入院の場合で助成期間が異なってくる自治体もあるので注意が必要です。負担額も全額助成なのか、一部助成なのかも確認が必要でしょう。さらに親の所得制限が設けられる場合もあるので気を付けてください。

対象の年齢なのにもかかわらず、対象とならない場合もあるので親御さんが気をつけましょう。対象とならない乳幼児は国民健康保険など各種医療保険に加入していない方、生活保護を受けている方、施設等に措置により入所している方があげられます。また、対象とならないものもあるので注意が必要です。小さいお子さんは予防接種が頻繁かと思いますが対象にならないので気を付けてください。調剤薬局等でもらう薬は助成対象になりますが、容器はなりません。とても便利な制度なのでお子さんの病気の治療に役立ててください。

Copyright (C)2018医療費助成は助かりますが見直しも必要.All rights reserved.