医療費助成は助かりますが見直しも必要

Navigation

自治体による医療費助成の違いについて。

医療費助成は助かりますが見直しも必要 医療費助成は国による制度のもので、全国一律だと思っていませんか?実は自治体ごとに大きな違いがあるのです。私の住んでいる自治体では子どもの医療費の助成が充実しています。医療費の自己負担は一医療機関につき月額500円まででまかなえますし、薬代も同じく最大500円までしかかかりません。

万が一の入院や小さい子どもならではの頻繁な通院も、こうした制度があれば心強いものです。しかしこうした制度はどの自治体でも当たり前というものではありません。実際私の住む隣の市では、助成を受けられる回数が月に二回までと細かく定められています。隣り合う家に暮らす子どもであるに関わらず、受けられる医療サービスには大きな違いがある事もあるのです。

そうなると住まいを構える時には、通勤時間や買い物などの利便性や環境の他にも考えておかなければならないことがあるのがわかります。子どもを育てていこうとするのなら、各地区の医療費助成について調べておくのも大切な事です。まだまだ自分の体調を言葉で表現できない子どもを持つものにとって、お金の心配をすることなく駆け込める医療機関があることは何より心強い事です。全国どこででもこのようなサービスを受けられる社会になることを願います。

Copyright (C)2018医療費助成は助かりますが見直しも必要.All rights reserved.