医療費助成は助かりますが見直しも必要

Navigation

医療費助成は子供を守るための対策

医療費助成は助かりますが見直しも必要 子供の医療費助成があることで、わが家は大きく助けられています。私には三人の子供がいますが、よく風邪をひき、お互いにうつしあって、三人とも病院に行くことになります。また、アレルギーがあり、定期的に薬も必要としています。今月だけでも、耳鼻科、眼科、小児科に連れて行っています。それら一回一回に医療費助成がなければ、一体わが家の家計はどうなっていたのかと考えると怖くなります。地域によって差がありますが、私が暮らす地域では、中学三年生までの子供は同じ病院であれば何度通っても月600円の負担ですみます。

子供が多い家庭ほど、医療費は多く必要になります。度々病院に行く機会がある子供の医療費を助成してくれることは、子供がいる家庭を助けてくれる大きな存在です。子供が病気になった時に、費用のことを心配せずに病院へ連れて行くことができます。医療費で、家計が苦しめられることがありません。

費用を気にして手遅れになってしまうことがありません。早期発見や早期治療につながります。医療費助成は未来ある大切な子供達を守るためにも、子供を育てる家庭を支え、守るためにも、必要なものです。その必要性から対象年齢を引き上げる地域も増えています。みんなで子供を守るための対策に力を入れています。

Copyright (C)2018医療費助成は助かりますが見直しも必要.All rights reserved.